2018年2月1日木曜日

皆既月食でだめだこりゃ、次いってみよう

皆既月食でしたね。

こういう天体イベントは大好きです。

宇宙という なんだかよくわからないとてつもなく大きな空間に浮かんでる小さいボールの上に我々はゴチャゴチャと住んでいるんだなあ、ということを実感、いや、より強く体感できますね。日頃の問題や揉め事なんてこの時ばかりは小さくどうでもよく思えます。


でも、そう言ったら月食よりも皆既日食の方がより強く体感できますね。
月食は月の満ち欠けと色が変わったりする程度ですが、
皆既日食はなんせさっきまで明るかった太陽に影が入り、世界が突然暗くなるのですから。

人類がいくら頑張って娯楽や仕掛けを作っても絶対に叶いっこないそのスケールの大きさと宇宙の広大さと天体の並びの奇跡を物凄いインパクトで体感できると言えるでしょう。


何年か前に金環日食は経験しましたが、あれはさすがに辺りが暗くなることはありませんでしたね。
太陽に影が入っていく様はやはり驚きましたが。

僕が用意した一つしかない日食グラスを友人達とみんなで順番に回して見てたのもいい思い出です。




やはりなんといっても皆既日食はいつか体感してみたいですね。




今回の皆既月食でまた改めて思ったことがありました。
広大でその実なんだかよくわからない宇宙の中の奇跡的なバランスの惑星地球に生まれて、死んだ後のこともこの世界のこともよくわからないことだらけなわけですし、とにかく生きてる以上は毎日全力で楽しんでいきたいなと。
昨日起きたトラブルなんて小さい小さい!宇宙は広い!
と。

そう、、、
天体イベントを体感するといつもこうして気が大きくなるのですが、
数日ですぐに忘れまた悩んだり苦しんだりする日常が戻ってくるのです。

そして
だめだこりゃ  次いってみよう
と笑い飛ばすのです。



にんげんだもの。
めんを



0 件のコメント:

コメントを投稿