2018年2月4日日曜日

ギターソロに挑戦

ミニクラシックギターで、ギターソロ曲に挑戦しています。

子供も生まれてくるし何かと妻も助けたいので、バンド活動もソロ弾き語り活動もサポートの請負も遊びに行くのも以前のようには出来なくなりました。


ベースは家で1人で練習していると誰かと音を合わせたくなってしまい、ヤキモキしてしまいます。

家でギタレレで歌を歌うのは防音問題が気になります。

以前1人暮らしの時は楽器演奏可能物件でしたが、今はファミリー向け集合住宅なので周りにご迷惑をおかけするわけにはいきません。



こんな状況ではありますが、やはり日々楽器は触っていたいので何かひとりで完結できて楽しい楽器をやりたいとずっと思っていました。

本当はピアノがやりたかったのですが、楽器自体の大きさとやはり防音問題が引っかかっていました。


そんな折、先日妻がミニクラシックギターを購入してリビングに置いていたので、これだ!と、ギターソロをやろうと思い立ちました。



ミニクラシックギターであれば生音も大きくないので大丈夫です。

※左がギタレレ、右がミニクラシックギター

ギタレレでもギターソロに挑戦したことはありますが、僕にはなかなか厳しいものがありました。まずチューニングからして違いますし、楽器自体のサイズが小さすぎて単音を紡いでいくのが難しい。やはりこれはコードを弾くのがメインの歌の伴奏用として捉えています。



ギターソロはひとりでベース音もメロディも弾いていくわけで、異なるメロディとリズムが絡み合い指使いも忙しくとても大変です。

脳みそフル回転でグワングワンになります。

ベースを弾きながら歌を歌うのに近いものがあります。

しかしとても楽しいです。

上手く弾ければ1人ですべて楽曲が成り立つ快感は堪らないものがあります。


それに出来ないことをじっくりと練習して少しずつ少しずつ出来るようになっていくことは本当に楽しいです。

一曲弾けるようになるまでどれくらいかかるのかわかりませんが、コツコツと練習して行こうと思います。

この地道な練習も今は楽しくて仕方ありません。

新しいことを始めるのはとても脳に刺激的です。

0 件のコメント:

コメントを投稿